簡単FX!サラリーマンでもできる40万から1億円稼いだ方法!

わたしがFXで億を稼いだ方法を公開します。とてもシンプルなトレード方法です!

来週はリスク回避の流れになるか!FX

さて、まずは振り返りからですね。

 

(週足:ニュージーランドドル/ドル)

f:id:fx-life365:20190323174329j:plain

先週はニュージーランドドルが強そうに見えました。

ほぼ下がることなく100pips上昇したので強かったといえるでしょう。

ただ、金曜日に大きくリスク回避の流れになったので景気に敏感なオセアニア通貨はすんなり上昇するのは難しくなりました。

 

FOMCは、当初の見方通りハト派に振れました。

多くの参加者がハト派予想だったので、そこまで下がらないかと思いましたがこちらが考えているより景気に対して弱気の内容でした。

 

 

さて、金曜日に相場が大きく動きました!

きっかけはドイツの製造業PMIの数字です。

予想:48.0   結果:44.7

これは歴史的な低水準になります。

ユーロは利上げなどできるはずもなく、さらなる大規模な金融緩和が必要なレベルまできています。

 

(上段:4時間ユーロ/円) (下段:4時間トルコ/円)

f:id:fx-life365:20190323175607j:plain

指標発表からほとんど戻すことなく一方的に下げ続けました。

このPMIの数値は発表後からあまりの悪化に大きな話題になっています。

この数字では、買い戻しも入らず大きな動きになりました。

 

さらに下段のトルコも140pips下落する強烈な相場でした。

ドル円換算にすると700pipsの下落になります。

トルコは買いがパンパンなので、一定のタイミングで必ず急落します。

トランプとひと悶着ありそうな報道も流れました。

ネガティブな情報や世界景気が悪くなると真っ先に売られて(狙われて)しまう通貨です。

ヒビトは2年以内に10円を割れると考えています。

スワップ狙いのトルコ買いがブームになっていますが7円~8円になるまでは手を出さない方が無難だと思います。

 

FOMCで明らかにリスク回避気味になっていたので今回の下落は獲りやすかったと思います。指標が歴史的に悪く、株も大幅安になっていたのでホールドもしやすい展開でした。

こういうわかりやすいところで大きく抜けるとその後のトレードが楽になります。

大きく獲得できた後は、相場的にもメンタル的にリズムを崩しやすくなるので少し証拠金を減らすことをオススメします。

 

(週足ユーロ/円) (週足オーストラリアドル/円) 

(週足カナダドル/円)(週足ユーロ/スイスフラン)

f:id:fx-life365:20190324164622j:plain

f:id:fx-life365:20190324165625j:plain

さて、来週ですがリスク回避の動きが続きそうです。

クロス円のチャートが全て悪化しています。

中でもユーロ、オーストラリアドル、カナダドルはとても弱く見えます。

今週の大陰線を上抜けるのはかなり厳しいチャートに見えます。

仮に来週耐えたとしても数週間のうちにもう一段安になる確率の高いチャートです。

最近は、トレンドが出ても一気に戻ることが続いているのでポジションが無い方は戻り売りを狙っていると思います。

今回は、あまり戻さずにもう一段安狙ってきたら面白いとヒビトは思っています。

週足チャートは、来週も暴落してもなんら不思議のないチャートです!

 

一番下のユーロ/スイスフランは局面です。週足で長く揉み合っているチャートです。

緑線のサポートラインを来週下抜くような気がします。

最終的なターゲットは水色矢印の窓埋めになります。

 

ヒビトでした!

では、また!